格安旅行のススメ!中国/大連⇔長春2泊3日 第2回【大連上陸編】

旅行

準備編に続き今回は

旅行情報
旅行日程 旅行日程:平成31年4月19日(金)~21日(日)
出発地 大阪
目的地 中国(大連~長春) ※日本との時差1時間
移動手段 春夏航空

旅行行程

4月19日(金)【1日目】関空(8:30)…飛行機…大連空港(10:15)***タクシー***インターコンチネンタル大連(ホテル)宿泊
4月20日(土)【2日目】大連駅(9:17)—高速鉄道— 長春駅(12:54)***市内観光***長春駅(21:10)—寝台列車 車内泊
4月21日(日)【3日目】寝台列車—大連駅(6:38)***市内散策***タクシー***大連空港(12:05)…春夏航空…関空(15:20)

※下記の時間、価格は日付や航空会社によります。

スポンサーリンク

関西空港から大連へ

出発の日、天気は晴れ旅行日和、始発の電車に乗っていざ出発!

南海難波駅で友人と合流しラピート号で関空へ!

時間が早いのは安く行くための鉄則、売れ行きが良くないほど安い!午後便や深夜便もおすすめじゃ

関空へ着いたら国際線のある第2ターミナルまでバスで移動チェックインを済ませます。

今回使ったのは春秋航空のラッキースプリング、7キロ以内の手荷物のみ持ち込めるクラスです。荷物はリュック1つなので問題なしです。

座席は指定できない航空券なんですがチェックインカウンターのお兄さんに希望を伝え友人と隣の席にしてもらいました。

セキュリティチェックを終え出国手続きを済ませたら搭乗です。

春秋航空は中国の航空会社ですが大阪から大連の便ですので日本語のアナウンスがあるものと思ってましたが日本語のアナウンスは全くありません。

あるのは中国語と英語のみ中国語は全く聞き取れないので英語アナウンスだよりです。

日本から出るんだから日本語のアナウンステープでいいから用意しといてと思いましたが仕方ない。

ちなみに友人は中国生活が長かったので中国語の聞き取りと会話は出来ます。

機内販売も使えるのは中国元のみですので購入したい人は用意しておきましょう。

関西空港ー大連空港間のフライト時間は約3時間ほどで到着。

入国手続きは時間がかかる事を予想してたのですが時間帯が良かったのかガラガラ速攻で入国できました。

中国のトイレは汚いと聞いていたので空港なら綺麗だろうと思いトイレに行ってみると設備としてはまあまあ普通でしたが・・・

手洗い場が10個ほどあって5つぐらいは詰まって水が流れないような状況でした( ゚Д゚)・・・

空港でこれかーと思いましたが仕方ない使えるところで手を洗って気合を入れなおしました(笑)

タクシーでいざ大連市内(インターコンチネンタル大連)へ

空港を出て周りを見渡すと、広い、そしてあまり人がいないこんなものなのか。

友人いわくは前に来た時にはもっと人がいたとのことなのでやはり曜日や時間帯によるのかもしれません。ラッキー(#^.^#)

遠くにタクシー乗り場らしきところが見えたので歩いてそこまで行きタクシーに無事乗ることが出来ました。

中国のタクシーを実際使ってみて言えることは

とにかく安い、日本とは比べ物にならない安さです

大連空港からホテルまでは、このぐらいあります。

どのルートで行ったかはよく分かりませんが30分ほど走っても30元(500円)ほどです。友人と2人だったので1人250円程。もっと安かったかもですが日本のタクシーだと3000円程はかかるので激安です!

言葉が通じなければスマホの地図を見せればOKです。無言で出発です(笑)

中国についたらまずはWIFI設定じゃ。地図を見せようにもネットがつながらなければ地図も出せんからな・・・
この時は準備編で紹介したWIFIとプリペイドSIMが大活躍だった様じゃ。
LINEもGoogleも設定なしですぐに使えるようになったからの。

準備編に持っていくと便利なものを記載してます。まだ読んでない方は是非!

ただ日本と比べて運転は荒いし愛想はないです(¯∇¯٥)

空港から市内までの道中タクシー車内から道は広いし思ったよりきれい

そんなこんなでホテル到着!

インターコンチネンタル大連!見てのとおり高級ホテルです。

ここの43階の部屋を予約していました。

日本だととても泊まれませんが・・・

なんと1泊1部屋、約15,000円

1人あたり7,500円で朝食もついてます (^O^)

部屋はこんな感じです。

部屋は広々ツインです。大型テレビもあります。
シャワーにバスタブ奥には洋式トイレがあります。
大連中山広場 も望めます。

うん満足、広くて眺めもいい。しかも午前中からチェックイン出来たし部屋に荷物を置いて身軽になったらボディバックに貴重品だけ入れランチに出発です。

中国での初食事は小籠包、君に決めたってことで小籠包が看板メニューの鼎泰豐 (ディンタイフォン) 』に行くことにしました。

場所は 大連中山広場 近くのショッピングセンターの中にあります。

店内はめちゃめちゃ綺麗で清潔感もあります。

店員さんの接客もよく日本のサービス並みに丁寧♪

さてさて味の方はと思い注文したのは小籠包、エビ炒飯、あと野菜の炒め物。

どれもうまい! ( ̄ε ̄〃)b

ほんとにどれも美味しかったです。中国の中では結構高級店のようで来てる人も結構お金持ちそうな人が来てました。

食事代は1人1,500円程しましたがとても満足できるお店でした。

日本に高島屋などでチェーン展開してるようですので興味のある方は是非行ってみてください。

長くなりそうなので1日目前半はここまで後半は観光や夕食について書きますので興味のある方は是非読んでみてください!

第1回『準備編』はこちら

第3回『弾丸観光編』はこちら

第4回【中華料理&高速鉄道編】はこちら

第5回【満州国建築物観光編】

おまけ:大連駅付近動画↓↓↓

コメント

/* Pinterest保存ボタン */
タイトルとURLをコピーしました